メニュー

Blog

フッ素塗布の回数や方法について

虫歯予防に効果のあるフッ素塗布の回数や方法について、以下に説明します。まず、フッ素塗布の回数です。必要な塗布回数は、個人差がありますが、1年当り2~4回程度の塗布を継続的に行うことで、20~40%くらいの虫歯予防効果が期待できます。次に、フッ素塗布の方法です。主な方法としては、3つあります。1つ目は、歯面塗布法です。これは、丸めた綿や歯ブラシや綿棒にフッ化物を浸し、歯1本ずつに塗る方法です。他の方法(トレー法、イオン導入法)に比べ、短時間で塗布できるので、成人はもちろん、乳歯が生えたばかりのお子様にも適用できます。2つ目は、トレー法です。フッ化物を入れたトレー(マウスピース)を口に咥えて、下顎と上顎のそれぞれにつき、3~4分ずつ浸透させる方法です。成人および、数分間の辛抱ができる年齢のお子様に適用できます。3つ目は、イオン導入法です。フッ化物を浸した綿や、フッ化物を入れたトレー(マウスピース)を口に咥えて、下顎と上顎のそれぞれにつき、3~4分ずつ弱い電流を流しながら浸透させる方法です。電流を流すことにより、フッ素が歯の表面に付着しやすくなる効果が期待できます。成人および、数分間の辛抱ができる年齢のお子様に適用できます。なお、以上の3つの方法がありますが、歯科医院によって実施する方法は異なりますので、フッ素塗布治療を受ける前に、歯科医院に確認しておいた方が良いでしょう。

フッ素塗布による虫歯予防

最近、歯科医院でフッ素塗布を行う人が増えているようです。その理由は、このフッ素塗布(正確にはフッ化物塗布)は、虫歯予防に効果があるからです。なぜ、虫歯予防に効果があるのでしょうか。その理由は、主に3つあります。1つ目の理由は、再石灰化を助けるからです。フッ素塗布により、唾液中のミネラルの沈着(歯の再石灰化)を助けます。2つ目の理由は、酸に強い歯にするからです。フッ素塗布は、歯の質を強化する(酸に強くする)効果があります。3つ目の理由は、酸の生成を抑えるからです。ところで、フッ素塗布は、乳幼児から成人に至るまで、虫歯予防効果があります。まず、乳幼児や子どもの場合、特に、生えたての歯(乳歯や永久歯)に効果があります。なぜなら、生えたての歯は、歯の質がまだ弱く、虫歯になり易いからです。従って、歯が生えたての時期のフッ素塗布ほど、虫歯予防効果が期待できます。次に、成人の場合、特に、セメント質や象牙質が露出した歯に効果があります。例えば、歯周病の人や部分入れ歯を使っている人では、歯茎や顎の骨が痩せてしまい、歯の内部にあるセメント質や象牙質の部分が露出して来たりします。そして、このセメント質や象牙質は、エナメル質(歯の表面部分)に比べて虫歯になり易いのです。しかし、フッ素塗布により、セメント質や象牙質の部分を強化することで、虫歯になるリスクを下げることが出来ます。

歯周病の原因やチェック方法について

歯周病は、心筋梗塞や脳卒中、糖尿病などの大きな病気とも密接に関係しているようです。例えば、歯周病の人は、歯周病でない人に比べて、動脈疾患になるリスクが5倍以上になる、と言われています。このように怖い歯周病の原因は何か、ご存知ですか。それは、歯周病菌です。歯周病菌は、歯と歯茎の間の溝にあるプラーク(歯垢)の中に潜んでいます。まず、プラークが溜まると、歯周病菌も増え、歯肉炎を起こします。そして、歯肉炎が進行すると、やがてプラークは硬い歯石に変化して、歯周病菌はさらに増殖します。最終的には、歯を支える歯槽骨がなくなって、歯が抜け落ちることもあります。このように、歯周病を放っておくと、大変なことになるのです。では、歯周病のチェック方法について、以下に説明します。まず、自分で出来るチェック方法です。次のA~Eのうち、自分に当て嵌まる症状がないかどうか、チェックしましょう。A:少し触っただけでも歯茎から出血する。B:歯茎が腫れている。C:口の中がねばねばする。D:歯が長くなった様な感じがする。E:歯が動くため物が食べ難い。歯周病が進むに連れて、AからEの症状が現れて来ます。従って、これらの症状のどれかに該当する人は、急いで歯医者さんに行って、調べてもらった方が良いでしょう。なぜなら、自分の歯周病の状態を正しく知る上で、歯科医院における諸検査(歯周ポケット等の計測、歯周病菌の悪性度の検査、など)が不可欠だからです。

お問い合わせ

BLOG

03-5985-4183

住所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-41-8 IOB1F

メールでのお問合せ

c105

c105