メニュー

Blog

こんにちわ~^I^*

こんにちわhappy01

最近めっきり秋めいてきましたねmaple
朝晩の冷え具合がすごいので、
お風邪にはお気を付けくださいませ~happy02shine

さて、話は変わりますが・・・
皆さま三連休は如何お過ごしでしたか?
前半は気候も良かったので、
お出かけの方も多かったかと思いますwink

私は、久しぶりにディズニーシーに行ってまいりましたuphappy01

パーク内はハロウィンの飾り付けがされていて、
ぷらぷら散歩するだけでも、とっても楽しかったですheart01

今回もカチューシャは未装着でしたが・・・(笑)

つけるときっともっと楽しいんでしょうねcatface
いつかつけてみたいものですlovelyshine

さてさて、最近耳にしたのですが・・・・・

ディズニーランド&ディズニーシーには
なんちゃって歯医者さんがあるそうです!!!

治療はしないながら、
看板が掲げてあるとか・・・(笑)
夢の国の住人専用なのでしょうかhappy01heart04

見つけてみたいなとプラプラしておりましたが、
連休中日で人が多すぎたため発見に至りませんでしたcrying

いつかリベンジしてみたいものです(笑)

                              小林

保険適用医療だけが歯科じゃない。

私たちは普段、3割負担で病院に通っています。
    そのため保険適用外医療というものを受けたことがない方がほとんどですよね?

    特に、歯医者さんの保険適用外医療って言うとどんなものを思い浮かべますか?
    歯をものすごく白くすることですか?
    それとも、歯の詰め物を特別にすることですか?

    じつは、他にも保険適用外医療でできることがあるのです。

    その中であなたが一番びっくりしそうなのがこちら!

    保険適用かどうかで変わるのは治療内容だけではない

    ということだと思います。

    これだけ言われても何のことかわかんないですよね?

    でもこういう言い方ならどうでしょう?

    保険適用がないと、時間無制限で治療が受けられる

    いかがでしょうか?

    ずっと気になっていませんでしたか?

    なんで虫歯の治療ってあんな中途半端に終わるんだろう?って

    ちょっと削ってはまた次の日。

    ちょっと神経を取り出してはまた次の日
    いっそのこと一発で終わらせてくれ。と思う方も多いと思います。
    残念ながら、保険適用医療だと連続で30分程度の治療しかできない決まりになっているんです。

    そのため、何度も何度も通って、治るまで痛い思いや不快な状態が続く。
    そして気づいた時にはもう半年や一年。
    虫歯の本数が極度に多い時はそれでも終わらない。
    せっかく行きたいのにスケジュールが合わない。

    そんなお悩みを解決してくれると考えれば、保険適用外医療も
    案外悪くないものなのかもしれません。

    ただし、10割負担です。 そのためとても割高です。

    そんな、いざという時に知っておくと便利な保険適用外医療についてですが
    ほかにも歯科でできる面白い試みがあります。

    それが、睡眠時無呼吸症候群への措置です。

    睡眠時無呼吸症候群といえばいびきがうるさい人や太った人。
    ご年配の方がかかるイメージですが、それだけではありません。
    女性でも子供でも苦しんでいる方は多数います。
    多くの方はそれが「病気によってひき起こされている症状」であるということに気づいていません。

    睡眠時無呼吸症候群の危険さは酸欠にあります。
    睡眠時にしたが喉を塞いでしまい呼吸が止まってしまう。

    それによるため、頭の痛みや眠気や目覚めの悪さの原因は酸素不足なのです。

    では視界の立場でどんな処置ができるのか?
    それが、歯の矯正です。

    歯の矯正といっても2種類あります。

    ひとつは子供のうちから下を収めておくために顎を広くする矯正。
    もうひとつは、寝ているあいだだけ、したが入るすペールを口の中につくるためのマウスピース装着。

    これらをやるだけで目覚めがスッキリになるようです。

    いかがでしょうか?
    知っているようで知らない保険適用外医療の面白さ。

    調べてみると、あなたにあったものを見つけることができるかもしれませんね。

歯に優しいキシリトールについて

最近、キシリトールを配合したガムが増えて来ました。そこで、このキシリトールについて、説明したいと思います。まず、キシリトールとは、甘味料の一種で、砂糖と同様に甘いのですが、虫歯を起こすことがありません。すなわち、歯に優しいのです。では、なぜ、虫歯を起こさないのでしょうか。それは、砂糖などの糖分とは異なり、キシリトールは虫歯菌の栄養源にはならないからです。まず、砂糖などの糖分の場合、虫歯菌は、糖分を分解すると共に、歯を溶かす酸も作り出します。すなわち、虫歯の原因になる酸を作ります。一方、キシリトールの場合、虫歯菌による分解が起こらないので、虫歯の原因になる酸は発生しません。しかも、虫歯菌がキシリトールを吸収した場合、菌自体の繁殖力が弱まってしまうのです。ところで、一般に、ガムを噛むと、唾液がたくさん出ますね。そして、唾液の中には、歯の再石灰化を促す成分が含まれています。すなわち、以上をまとめると、キシリトールを配合したガムは、キシリトールによる酸を作らない効果や虫歯菌を抑える効果に加えて、歯の再石灰化を促す効果も得られるのです。つまり、キシリトール配合ガムを噛むことで、虫歯予防にも繋がるのです。ただし、キシリトールを過多に摂取すると、下剤の効果が現れてしまうことが知られています。従って、こう言った点に注意しながら、キシリトール配合ガムを虫歯予防に役立てる様にしましょう。

お問い合わせ

BLOG

03-5985-4183

住所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-41-8 IOB1F

メールでのお問合せ

c105

c105