メニュー

Blog

歯科の麻酔について

皆様こんにちは。
歯医者の治療では、麻酔はなくてはならないものですよね(^o^)
でも、緊張したり、不安に思われている方も多いのではないでしょうか?

そこで、麻酔について少しでも知ってもらい、リラックスして治療を受けていただけたらと思い、今回、まとめさせてもらいました!

まず、麻酔の種類は以下の3つに分類されます。
①表面麻酔
歯茎の表面に塗り、麻酔針の痛みを軽減させます。

②浸潤(しんじゅん)麻酔
歯医者さんで最も一般的に使われている麻酔で、粘膜下・歯茎に注射をして骨内に麻酔薬を染み込ませ、神経を麻痺させます。

③伝達麻酔
麻酔が効きにくい、骨が厚い下顎の奥歯の治療に浸潤麻酔に加えて使用されることが多く、当院でも下の親知らずの抜歯の際に使用しております。

虫歯・神経の治療・上あごの親知らずの抜歯には①→②
下あごの親知らずの抜歯には①→②→③といった具合に治療内容によって組み合わせは変わります。

そして、麻酔の針は0.2㍉の『33ゲージ』の細いものを使用しております!
糖尿病の患者さんが、インスリン投与をする際に使われるのが、世界一細い0.18㍉の『34ゲージ』と言われているので、その次に細い注射針を使用し、痛みを和らげる工夫をしているんですよ!

このように、痛みを最小限に抑えた治療を『無痛治療』と呼んでいます。
患者様への負担を少しでも減らす為に様々な工夫をしております(^o^)
少しでも麻酔の不安とマイナスイメージが払拭されましたでしょうか?

どうぞ、安心してハルデンタルクリニックへお越しくださいませ(^o^)

横山

テーマ:

テルプラグのお話し

皆様こんにちは。
今回のブログは、当院での親知らすの抜歯後に使用しております『テルプラグ』についてお話しさせていただきます。

『テルプラグ』とはコラーゲンがスポンジ状になったもので、抜歯後に空いたスペースに入れるものになります。
これが、色々な効果を発揮してくれます!
その、主な効果とは…
①テルプラグのコラーゲンが歯肉と馴染んでやさしく傷口を保護し、出血を止め痛みや腫れが和らぐ。

②食べ物が入り込みにくくなることで、食べかすが詰まるなどの不快感を軽減する。

③コラーゲンにより、歯肉も骨も回復が早くすすむ。(歯肉に吸収されるものなので取り出す必要は無い)

この『テルプラグ』は、当初、大やけどを負った方の皮膚の再生を期待して開発されたものです!
歯肉の60%はコラーゲンで出来ているといわれ、人の体内でも生成されているものですので、非常に安全性の高いものになります。

当院は抜歯の処置時間が短時間なのはもちろん、その後の回復もスピ-ディ(^o^)
皆様に安心して、治療を受けて頂いております!
親知らずの抜歯に関して少しでも気になることがあれば、お気軽にお問い合わせくださいませ(^o^)

横山

テーマ:

暖かぁぁぁーぃ🎵

ぽかぽかしていますね☀️✨
皆さん、お変わりなどございませんか?

先日、皇居近くをサイクリング🚴💨してきましたッ🙋✨
週末は皇居前の道路を歩行天国にしているので
自転車でブィーーーんとしましたよ⛲
気持ち良い~🐩✨
🚴✨🚴✨🚴✨🚴✨🚴✨🚴✨🚴✨🚴✨🚴✨🚴

さて、ここ最近では
ゴールデンウィーク前の抜歯希望の患者様が増えてきました!!
アポイント状況によりますが、
手術のご案内が可能な日がまだ若干ございますので
お早めにご連絡をお願いいたします💉
クリニックのゴールデンウィークのお休みは
カレンダー通りとなっておりますが
ドクターによってお休みが変わってきますので、
担当ドクターの詳しいお休みは、受付スタッフまでお問い合わせくださいッ📆✨
それでは、良い週末を~⚾‼️‼️

いのうえ。

テーマ:
お問い合わせ

BLOG

03-5985-4183

住所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-41-8 IOB1F

メールでのお問合せ

c105

c105