メニュー

Blog

歯医者さんの選び方について

皆さんは、どのようにして歯医者さんを選んでいますか。一般に、良い歯医者さんとは、どういう方でしょうか。例えば、痛くない歯医者さんがいいなあ、と言う方は多いかもしれません。ところで、歯の治療は痛いもの、と言うイメージは未だに根強いのですが、麻酔技術の進歩によって、現在では痛みを感じることなく殆どの治療が出来るのです。すなわち、大抵の治療は、痛みを伴いません。中には、神経を取った箇所を消毒する処置など、痛みを伴うこともありますが、殆どの場合、痛みを伴いません。従って、現在では、痛くない歯医者さんではなく、患者さんの不安や疑問などに適切に回答しつつ最適な治療をしてくれる歯医者さんが、良い歯医者さんなのです。特に、親知らず治療のケースでは、抜いた方が良いか、抜かない方が良いか、患者さんが悩む事が多いため、患者さんの話を真剣に聞いてくれる歯医者さんが理想的です。また、親知らずの抜歯をする場合は、抜歯がうまい歯医者さんを選びたいものです。ちなみに、親知らず抜歯の経験の多い歯医者さんほど、当然ながら、抜歯が上手な場合が多いようです。一般に、親知らずの抜歯では、親知らずの位置まで器具を到達させる必要があること、親知らず特有の歯の生え方(横向きに生える、等)があること、と言った特殊事情があるため、普通の歯の抜歯よりも高い技術が要求されます。従って、こう言った高い技術力を持った歯医者さんを選ぶ必要があるのです。

審美歯科での虫歯の痕の治療について

審美歯科で扱う治療項目の一つに、虫歯の痕の治療があります。この治療は、かつて治療した虫歯の痕跡を綺麗にする、と言うものです。一昔前の時代は、虫歯自体の治療が最重要で、外観の美しさなどは余り考慮しない傾向がありました。そのため、その様な時代に治療を行った虫歯では、大きく削り取られるなど、外観的に目立つケースが多い傾向があります。また、詰め物に使用された金属やその周囲の箇所が、経年変化で黒ずんでいるケースもあります。そのために、人前では口を大きく開けて笑えない、などの悩みを抱えている人も少なくないようです。このような色々な問題を解決するため、審美歯科では、虫歯の痕を綺麗にしてくれます。その具体的な方法としては、例えば、古い金属等の詰め物を取り除いて、新しいセラミックの詰め物に置き換える方法を採ります。ところで、こう言った治療を審美歯科で行う場合、どの位の費用が掛かるか、と言う点も気になるところですね。まず、詰め物の置き換えのケースでは、例えば、1本あたり3万円かそれ以上かかるようです。ただし、銀歯の周りにセラミックをかぶせる様なケースでは、もう少し費用がかかるようです。また、用いる素材に依り、その費用は上下します。いずれにしろ、治療を受ける前に、希望する仕上り状態などを、歯医者さんに細かく伝え、十分に相談することが大切です。そして、その際に、費用についても確認しましょう。

虫歯の出来るプロセスについて

皆さんは、虫歯の出来るプロセスをご存知ですか。ここでは、そのプロセスを、順に説明します。まず、歯の表面の歯垢(しこう、プラーク)の中には、小さな細菌がいます。そして、この細菌は、飲食物中の糖分を摂取して、分解し、酸を放出します。次に、この酸が、私達の歯を溶かしてしまいます(このことを、脱灰と呼んでいます)。しかし、人の唾液は、この酸を中和する(中性に近付ける)ことによって歯を守ろうとします。さらに、唾液中には、リン酸やカルシウムが含まれているので、これらの成分により脱灰の起きた歯を修復します。この修復のことを、再石灰化と呼んでいます。しかし、日常的に糖分を頻繁に摂取している様な場合、酸の中和や再石灰化は、脱灰に追い付かなくなってしまいます。その結果、脱灰された状態が続いて、やがて、その部分は崩壊してしまいます。この崩壊した歯のことを、虫歯と言うのです。残念ながら、虫歯、すなわち、崩壊した歯質は、もはや、唾液による再石灰化などでは回復しません。虫歯で生じた穴は、歯科治療によって、埋めて修復するしかないのです。そして、虫歯で生じた穴を放っておくと、虫歯が進行して、歯の神経にまで細菌が到達してしまいます。ここまで進むと、歯の神経を抜く、と言った治療が必要になります。ただし、もし、虫歯が歯の根元にまで進行してしまったなら、多くの場合、抜歯が必要になるでしょう。以上、いろいろと述べましたが、まとめると、虫歯の予防がとても大切、と言うことです。

お問い合わせ

BLOG

03-5985-4183

住所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-41-8 IOB1F

メールでのお問合せ

c105

c105