メニュー

Blog

らくらく歯ブラシのススメ

体の病気と違って、歯の疾患の多くは自力で予防できます。ただ面倒くさいのが難点ですね。
今回は面倒なお手入れを楽に続ける方法を紹介します。
ちなみに筆者はこの方法で5年間虫歯知らずです!

【1】フロスは使わない
え?とお思いの方も多いと思います。
デンタルフロスは歯間の汚れを取るのに最適ですが、扱いが面倒です。「糸ようじ」という物もありますが
慣れないと途中で切れてしまったり、意外と難しい物です。
「今日はいいや。明日やろう」と、使わないまま何日も経ってしまいます。
そこで歯間のお掃除には歯間ブラシをオススメします。
最近は極細タイプもありますので歯間が狭い方もスッと通ります。
ささっと通して洗ってまた使えるのでコスト的にもオススメです。
歯間ブラシのあとはハブラシです。

【2】ハミガキ粉は付けない
ええー?ですよね。大丈夫です。慣れれば平気です。
まず、ハミガキ粉をつけると清涼感があって短時間でもきれいになった気がしますが、実は磨き残しがたくさんあります。
また、ハミガキ粉は辛いし、ジュルジュルするので長時間磨くのには向いていません。
ハブラシはテレビを見ながらダラダラやりましょう(笑)
一本一本の上部、両側面をハブラシで丁寧にゴシゴシしましょう。一面につき10回はゴシゴシします。
一本で3面ありますので、30ゴシゴシです。
これはかなり時間がかかりますので、洗面台を離れて「ながら磨き」をしましょう。
力を入れすぎるとエナメル質や歯茎が減ってしまうので、やさしくやさしく。
最後にどうしても清涼感が欲しい方は、仕上げにマウスウォッシュでクチュクチュしましょう。
ちなみにここまでしっかり磨くのは夕食後だけで十分です。
睡眠中は唾液の分泌量が減って虫歯菌が増殖するので念入りに歯磨きします。
そのかわり朝食、昼食、間食後は簡単に済ませてしまいます。
いちおう毎食後は磨きますが、いつもしっかりだと疲れちゃいますしね。

【3】定期検診を受ける
どんなに上手に磨いていても歯石はたまっているものです。
3ヶ月に一度は歯医者さんで歯石除去してもらいましょう。
その際に磨き残しや初期の虫歯なども発見してもらえますし、大事にならずにすみます。
歯医者さんも「よく磨けてますね」とか「磨き残しが多いですね」など評価してくれるのでモチベーションが上がります。
いかがでしたか?
歯の健康は自分で作れます。少しでも長く自分の歯を守り抜いて元気な毎日を送りましょう!

ホワイトニングの方法や効果について

一般に、笑った際などに白い歯が見えると、健康的に見えて好感が持てますね。そう言った理由もあって、近年、白い歯になりたいと願う人が増えて来ました。現在では、多くの方がホワイトニング(歯を白くする治療)を受けています。まず、このホワイトニングの方法としては、オフィスホワイトニング(歯科医院で行う方法)とホームホワイトニング(自宅で行う方法)の2通りがあります。また、ホワイトニングの効果には個人差があります。人によって、すぐに歯が白くなるケースもあれば、なかなか白くならないケースもあります。ただし、一般的には、何回もホワイトニングを繰り返してゆくと、必ず白くなってゆきます。しかしながら、ホワイトニング効果の持続期間(白い歯の状態が続く期間)は、歯磨きや食生活などの生活スタイルにも依存しますが、だいたい半年から1年くらいです。従って、歯の色の後戻りを防止するため、定期的なホワイトニング(タッチアップと呼んでいます)を継続的に行ってゆく必要があります。なお、薬剤を使う通常のホワイトニング以外にも、歯を白くする方法はあります。それは、ラミネートベニアもしくはクラウンを用いる方法です。なお、ラミネートベニアは白い色が維持できますが、ハイブリッドセラミックのクラウンは変色の可能性があるので、注意が必要です。

クラウンとブリッジについて

虫歯などで欠損した歯の治療や修復の際に、一般によく使われる方法が、クラウンとブリッジですね。この2つの方法について、以下に説明します。まず、クラウンです。これは、歯の被せ物のことです。すなわち、歯の冠(かんむり)と言う意味で、クラウンと呼んでいます。虫歯によって歯が大きく損なわれた状態に至った際に採られる治療方法です。なお、虫歯以外にも、歯に色素沈着や形態の異常などがあるために、クラウンが用いられるケースもあります。現在、クラウンを素材や製法で分類すると、オールセラミック、メタルボンドセラミック、ハイブリッドセラミック、金、パラジウム合金、と言った様々なタイプがあります。また、クラウンを被せる前には、歯の支台を作りますが、この素材としては、ファイバーポスト、金属、硬質レジンなどが用いられます。かつては金属が主流でしたが、最近では、歯の破折防止の面で有利なファイバーポストが増えて来ました。次に、ブリッジの説明をします。これは、歯が抜けた後に、その前後の天然の歯を橋渡しするようにして作られた人工歯のことです。すなわち、橋渡しの意味で、ブリッジと呼んでいます。なお、歯科では、天然の歯の箇所を支台歯、真ん中の「橋」の部分をポンティックと呼んでいます。参考までに、ブリッジを形態で分類すると、通常のブリッジ、接着性ブリッジ、インレーブリッジ、延長ブリッジの4タイプがあります。

お問い合わせ

BLOG

03-5985-4183

住所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-41-8 IOB1F

メールでのお問合せ

c105

c105