メニュー

Blog

リラックスしてご来院くださいませ♪

こんにちは(^-^)/少しずつ、涼しくなり、秋めいてきましたね♪
来月の10月で、ハルデンタルに来て、2年になります(*^^*)
今住んでいる賃貸の更新もしました。

院長をはじめ、先輩方のお陰で毎日楽しくお仕事をさせていただいてます。
3年目も、変わらず頑張りますよ!

さて皆様は、歯科の治療に不安や恐怖心をお持ちですか?
まぁ…治療の日が近づいてきて、楽しみになることはないですよね(^-^;

ハルデンタルには、親知らずの抜歯、虫歯治療、歯周病治療、矯正治療など、たくさんの患者さまにお越しいただいています。

その中でも特に、親知らずの抜歯に来られる方は、『体調は良いけど、緊張します、痛いですか?』とおっしゃる方が多いです(*^^*)
“抜歯”と言うと、はじめての方は特に緊張しますよね!
構えるお気持ちもよくわかります。
でも、心配無用(^-^)/麻酔(局所麻酔)をして、抜歯を行っていきますので手術中、痛みは感じません。
麻酔時も針を刺すときの痛みを和らげるため、表面麻酔を行い、針の細さも最も細いものを使用しています!

そして、現在用いられている歯科の局所麻酔薬は安全性が高く、アレルギーを起こすことは極めて稀といわれています。

また、麻酔をして、気分が悪くなったり、ドキドキと動悸がしたりすることは少なくありません。
気分が悪くなるのは、緊張や不安からくる心因性の反応であることがわかっています(*^^)
動悸に関しては、安全性と麻酔効果を高めるため添加されているアドレナリンという物質が原因です。
ほとんどの場合安静にしていれば落ち着いてきます!
(ただ心臓の悪い方・不整脈のある方・血圧の高い方はこの限りではありませんので、問診の際に皆様にお聞きし、適切に対応しています。)

最後に、抜歯の当日は体調を整えておきましょう(^-^)/前の日は早めに寝て睡眠不足にならないように、食事も普通にとってリラックスしてお越しくださいませ(*^^*)

横山

テーマ:

歯石について

こんばんは!

まだまだ暑い日が続きますが

みなさん体調崩されていませんか?

今日は歯石についてお話しさせて頂きたいと思います。

テレビやCM、または歯医者に行った時などに「歯石」と言う言葉を聞いた事があると言う方多いと思います。

みなさん、歯石はどうやって作られるかご存知ですか?

歯の表面に出来たプラーク(細菌の塊!)が唾液中の成分とくっついて石灰化したものが歯石です。

字の通り、石みたいに固くなってしまったもので、歯石になってしまうと歯ブラシでは落とせなくなります 🙁

出来てしまった歯石にまた更に汚れや菌がくっついて、歯ぐきに毒素をバラまいて歯周病になっていきます。

自覚症状が出てからではもうすでに進行してしまっている…と言うことが多いです。

しかし、歯ブラシではどうしても落としきれない部分だったら届かない部分が多いです。その場合、フロス・歯間ブラシ等で補う必要があります。

また、固くなった歯石はご自身では取れないので、そこで歯医者の出番です!

初めての方、お久しぶりの方には検査とレントゲン撮影をさせて頂いてからになりますが、歯石除去やブラシ指導も行っております!ただキレイにするだけではなく、ご自宅で出来るケアも教えてくれます(^^)

今特に症状がなく歯医者に行く必要がないと思っている方も、最後に歯医者に行ったのが半年以上前であれば、1度検診に来てみてはいかがでしょうか?(^^)

太田

テーマ:

親知らずで、命の危機?!

皆様、毎日暑い日が続きますね(*_*)

先日、親知らずについてテレビで放送されると聞き、番組を見たので、そのお話をさせていただきます!

番組では、親知らずが原因で『降下性壊死性従隔炎』(こうかせいえしせいじゅうかくえん)という、感染症にかかってしまった男性のお話しが放送されていました!
この感染症は、従隔といって左右の胸の間、心臓、食道、大動脈、神経が集まるところに細菌が侵入することでおこるそうです。

この感染症、初めは風邪のような症状からはじまり、発熱、色々な場所で膿が溜まっていき、胸を圧迫し呼吸困難にまで及ぶとのことでした(;o;)

この男性は、首にも膿がたまり異常に腫れ、血液にも細菌が侵入する敗血症を起こし、致死率40%とも言われる危険な状態だったそうです。

この感染症は、歯茎に細菌などがあると、膿と共に首の組織の間を通り抜け従隔の部分までおりてくることがある。親知らずや虫歯が原因になることもある、とのことでした(*_*)

この男性の場合、海外旅行中の出来事で慣れない環境で疲れがたまり、免疫力が低下していて病状が進みやすかったことと、病院を受診せず放っておいたことが重なり、重症化したそうです。
一ヶ月ほどの闘病の末、元気になられ今まで通りの生活をされているそうです。良かったですよね(*^^*)

親知らずが腫れたり、痛んだりした場合は早めに歯医者さんを受診し、今どのような状態なのか診てもらいましょう!
感染症にかかってしまった男性も何ヵ月かに1回は、親知らずに腫れが起こっていたそうですよ(*_*)
その時に、きちんと受診していたらこんなことにはならなかったのではないでしょうか…

親知らずで気になること、腫れ、痛みがある方、親知らず専門医のいるハルデンタルクリニックにて、診察してもらいましょう(^-^)/

横山

テーマ:
1 / 10012345...102030...最後 »
お問い合わせ

BLOG

03-5985-4183

住所
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-41-8 IOB1F

メールでのお問合せ

c105

c105