知覚過敏2019.01.15

あなたの歯はしみてませんか??①

 寒い日が続いてますが晴れ間が多くていいですね。
皆様体調崩してないでしょうか。

寒い季節になると、お水も冷たくなってきますよね。そうすると、歯がしみる方もいると思います。私もその一人で、歯を磨いてもうがいするのが億劫になっております( ;´Д`)ぅぅぅ

原因は、いくつかあります。その原因の一つの知覚過敏について今日はお話したいと思います。

虫歯ではないのに、歯が突然冷たい飲み物で痛みを感じて病院に来院されるかたが多くいます。
では、なぜ知覚過敏になってしまうのでしょうか。
その大きな原因として

①歯ぎしり・食いしばり・噛みしめ
②歯にヒビが入ってしまう(破折)
③歯ブラシを強く当てて歯のくさび状欠損
④虫歯の治療で削ったところがしみる

 今回は①②についてお話したいと思います。
①の歯ぎしりなどは就寝中音がする程ギギ〜と噛み締めてないでしょうか??
音がしなくてもググゥと噛み締めてしまってる場合もあります。
グッと噛み締めたりするのは起きてる時でも、仕事柄重いものを持ったりする方は歯のかむ面がいつの間にか磨り減ってしまうことがあります。又は、力が加わることで歯茎が下がってきてしまい根っこが見えてしまってそこから沁みてきてしまいます。根っこは本来歯茎の中に埋まってるので刺激に弱くなによりも虫歯にもなりやすいです。
スポーツをしたり、ウェイトトレーニングをする時も、人は力を入れると同時に噛み締めてしまいます。思い当たる方は奥歯を見てみて、磨り減ってないか確認してみてくださいね。
②のヒビがはいってしまうのも①を繰り返すことが原因で起こりえます。
マイクロクラックと言って目には見えないような無数の小さなヒビが入ってしまうこともあります。
歯が大きく欠けてしまった場合は、中で虫歯が進行してしまっていることもあるので早めに受診をしましょう。

 ①②どちらの場合でも、基本的には処置の一つとしてマウスピースを作って歯を守ってあげる事が大切です。
型取りして、自分の歯に合うマウスピースをつくってあげてあげます。寝る時、又は力を加えてしまう時に着けてあげましょう。慣れるまでは大変かもしれないですが、歯を守ってあげるためにもお願いします。私も最初は慣れませんでしたが今は頑張って着けてるので一緒に頑張りましょう( ^ω^ )

 

ハルデンタルクリニックでもマウスピースを作ってますので、お悩みの方は気軽にお声掛けください。

 

長くってしまいましたので、次回は③④についてまた説明していきますね♪( ´▽`)
                                DH K ①