オフィシャルブログ2022.01.03

歯周病のリスクは 20代・30代の若年層にも 広がっています!

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

年末年始は、
これまでの生活リズムが
崩れやすい時期です。

崩れたリズムを整えて、
いいスタートを切りましょう。

さて、
昨年10月に20代~70代の
男女7,766名を対象に
「マスク習慣と歯
 ならびに口腔ケアにおける
 意識および行動調査」
というアンケートを実施。

下記の3つのことがわかりました。

●20代・30代で間食頻度が増加傾向

20代と30代で約2割が、
「コロナ禍以前と比較して
 間食頻度が増えた」と回答。

リモートワークが多くなったことで、
間食が多くなったと考えられます。

間食の増加そのものは、
悪い影響だけではありません。

間食後の歯磨きなどを
怠らないようにしましょう。

●20代・30代の約3割が起床時に
歯磨きしないことがある

起床時(朝)の歯磨きの
頻度については、
全体の約79%が必ず行うと回答。

しかし、
20代~30代の約2割が「たまに行う」
1割弱が「行わない」という結果でした。

他の年代で「たまに行う」と
回答したのは、
40代で13.8%、50代が10.0%、
60代は8.8%だったので、
突出しているのがわかります。

朝食を食べないという人も多く、
そうした生活習慣の変化も
一因でしょう。

●20代・30代で定期検診受診率が約半数

「コロナ禍以前と比較して
 歯や口の健康を気にすることが増えた」
という調査をしたところ、
20代で24%、30代で21%でした。

他の年代では10%台なので、
この年代で突出しています。

その一方で、
1年以上治療・定期検診に行っていない
と答えた人も
20代で49%、30代で46%と約半数。

ここからわかるのは、
若年層の2人に1人は
口腔ケアへの意識を持ちながら、
その後のアクションに
つながっていないことです。

歯周病のリスクは
20代・30代の若年層にも
広がりつつあります。

そのためには、
日頃の歯磨きも大切です。

歯面に対して45°に当てて
微振動させる方法(バス法)と、

縦に持った状態で歯面と歯肉に
垂直に当てて1歯ずつ磨く方法を
併用すると効果的な歯磨きができるでしょう。

それでは!

あなたの歯が
ずっと健康でいられますように。

PS,
歯周病を予防するためには、
日頃の歯磨きとともに
歯科の定期検診が大切です。

歯間には
特にプラークが溜まりやすく。
日頃の歯磨きでは取りきれません。

それを定期検診で取り除き、
日常のケアに関する指導も行ないます。

コロナ禍で遠ざかっていた人は、
これを機に
定期検診を再開しませんか?

「定期検診の予約をしたい」
と思ったら、
ご予約のお電話をどうぞ。

電話に出たスタッフに
「定期検診の予約を希望」
などのようにお伝えいただき、
来院日時を決めましょう!

↓ご予約電話番号はコチラ
03-5985-4183