オフィシャルブログ2022.08.01

お盆前に歯をチェック

あと2週間でお盆に入ります。

読者の皆さまは
どのように過ごされる予定
でしょうか。

各種意識調査では、
実家への帰省を含む
旅行に行くと答えた人は
日帰りも含めて3割弱。

過半数の人が
普段どおりに過ごすと
答えています。

まだまだ
新型コロナウイルスも
収束とはいえない状況です。

加えて
熱中症により
搬送される人も
これから増えてきます。

夏休み・お盆休みに
旅行へ行く人も、
普段どおり過ごす人も
ウイルスの感染や
熱中症に気をつけて
行動してください。

万が一
歯が痛くなった場合ですが、
普段どおり過ごされる方は
当院で治療しましょう。

お盆休みも
変わらずに診療しています。

旅行に行かれる方は、
我慢せずに
当番医など休日診療所で
応急処置を受けてください。

帰宅後は、
必ず当院で治療を行いましょう。

さて、
お盆も近いこの時期に、
歯科検診を行って
みてはいかがでしょうか。

お口の中の
状態を診てもらうのです。

悪いところがなければ
プラーク・歯石を除去する
スケーリングや
ブラッシング指導などを
行います。

仮に
虫歯もしくは歯周病が
見つかったら、
同意を得た上で
治療を行います。

2週間ちょっとなので、
場合によっては
治療が終わらないことも
あるでしょう。

それでも、
治療を行うことで
確実に口腔状態は
改善に向かいます。

虫歯・歯周病も
ウイルス感染症のひとつです。

新型コロナウイルスに限らず、
口腔状態を清潔にすることは
感染予防対策の第一歩。

これを機に
検診から遠ざかっていた人も
歯科検診を行いましょう。

それでは!

あなたの歯が
ずっと健康でいられますように。

PS,
新型コロナウイルスの感染者が
国内で確認されてから約2年半。

この間、
私たちはずっとマスク生活を
強いられてきました。

マスクをしていると、
無意識のうちに
口呼吸をしてしまいがちです。

口呼吸により
唾液が分泌しにくくなり、
細菌が抑えきれなくなります。

その結果、
虫歯・歯周病が起こりやすく
なるわけです。

マスクの着用が
外などでは緩和された
今だからこそ、
口腔状態をチェックしましょう。

「定期検診の予約をしたい」
と思ったら、
ご予約のお電話をどうぞ。

電話に出たスタッフに
「定期検診の予約を希望」
などのようにお伝えいただき、
来院日時を決めましょう!