審美歯科

このような症状がある方は、早めの審美歯科治療をオススメいたします。

・銀歯を白い歯にしたい 

・すきっ歯を治したい 

・歯が欠けてしまった 

・歯を白くしたい 

・詰め物、被せものが取れてしまった 

・イベントまでに歯をきれいにしたい 

・全体的に歯をきれいにしたい 

・一部だけ白くなってしまった箇所を治したい

審美歯科とは歯の見た目や口元の見た目をきれいに整える治療の事を指します。

審美歯科被せ物

歯をきれいな見た目にするといっても治療方法や治療箇所は様々です。

例えば、歯の形を綺麗に整えるために削ることもありますし、銀歯を白い歯に整えることもあります。また、歯並びをきれいに整える事でお口元全体がきれいになりますのでこれも審美歯科という範囲に入るでしょう。

下記では審美歯科の治療内容をご説明致します。

審美歯科メニュー

《歯の着色や汚れを落とすエアフロークリーニング》

歯の着色や汚れが気になる場合はエアフロークリーニングを行うことできれいにすることが可能です。歯科医院でのクリーニングは通常、クリーニング専用の器具を使用して手動で行いますが、当院ではエアフローを使用したクリーニングを行っております。

エアフローとは細かい粒子を水と共に噴射することで歯の汚れや歯垢を除去出来る機器の事です。噴射する粒子はかなり細かい為、手動では届かない箇所の汚れや歯垢を除去することが出来る為、クリーニングの効果が格段に異なります。

また、手動と比べると機械を使用して行うクリーニングですので処置の時間も大幅に短縮することが可能です。

エアフロークリーニングの注意点


エアフロークリーニングでは歯の汚れや歯垢、落とせる着色を除去することは可能ですが、患者様本来の歯の白さよりも歯を白くすることは出来ません。その為、本来の歯の白さよりも白くしたいとお考えの方はホワイトニングをご覧ください。

《歯の色を自然な白さにするホワイトニング》

やはり見た目で気になるのは、歯の白さです。毎日丁寧に歯磨きをしていてもどうしても歯の汚れや黄ばみが気になることがあります。歯科医院で行うクリーニングを受けていただく事も有効ですが歯の汚れや歯垢は落とせても歯を白くするということまでは難しいのです。その為、歯を白くしたいという方にはホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングで歯が白くなる原理は、まず歯の表面に歯科専用のホワイトニングジェルを塗布して専用の機器で照射することで歯を白くしていきます。歯に塗布するホワイトニングジェルはいわゆる漂白作用があるものですので歯を白くすることが出来るのです。

《ホワイトニングの種類》


ホワイトニングには種類があります。
まず、歯科医院に来院して受ける「オフィスホワイトニング」です。次に、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」、オフィスもホームも並行して行う「デュアルホワイトニング」と3種類のホワイトニングがございます。

オフィスホワイトニングとは?

オフィスホワイトニングとは医院へご来院していただき受けるホワイトニングの事です。オフィスホワイトニングのメリットは口腔内の状態に合わせて歯科医師の診断のもと患者様に適したホワイトニングが受けられることと、濃度の高いホワイトニング剤を使用出来る為、比較的効果を感じて頂きやすいメリットがあります。早く歯を白くしたい場合はオフィスホワイトニングの方がおすすめです。

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングはご自宅にて患者様ご自身でおこなうホワイトニングの事です。医院で患者様専用のマウスピースを作製し、ご自宅で使うジェルをお渡しします。使用方法や注意点をご説明しますので、その後はご自身でホワイトニングをおこなっていただきます。ホームホワイトニングのメリットは医院に通わずにホワイトニングが出来ることと、患者様のペースで好きな白さになるまでホワイトニングが出来る事です。反対に白くなるまで続けることが出来るかが重要となります。ご自分のペースでゆっくりホワイトニングをしたい方はホームホワイトニングがおすすめです。

デュアルホワイトニングとは?

デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングをしながらホームホワイトニングも同時におこなうホワイトニングです。デュアルホワイトニングのメリットは医院でホワイトニングをすることで高濃度のホワイトニングジェルが使用出来るので白さを早く実感でき、更にホームホワイトニングをご自宅でも行うことで白さを長期にわたって維持することが出来るメリットがあります。

早く効果を感じたいしホワイトニング効果も長く維持したいという方はデュアルホワイトニングがおすすめです。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはどちらが効果的なの?


オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはそれぞれ用途が異なりますがオフィスホワイトニングは医院で行うため、有資格者による施術となります。これによって薬機法によって定められている使用制限のある高濃度ホワイトニングジェルを使用出来ることが大きな違いです。ホームホワイトニングでは患者様ご自身で行うホワイトニングの為、高濃度ホワイトニングジェルをお渡しすることが出来ないのでどうしてもオフィスホワイトニングに比べると白さを実感するまで時間がかかってしまいます。

どちらが効果的かと言われるとどちらも歯を白くするためには効果的ですが、患者様の求めるニーズによっては一概にどちらが効果的とも言い切れません。早く効果を出したい方はオフィスホワイトニングがおすすめですし、ご自分のペースで長く効果を維持したい方はホームホワイトニングがおすすめです。

患者様の求める歯の白さや状況を当院でご相談いただければ患者様に適したホワイトニングをご提案させていただきますので、まずは一度お気軽にお問い合わせください。

ホワイトスポットの治療


当院ではホワイトスポットの改善もおこなっております。
ホワイトスポットとは歯の表面に出来る、白い斑点のようなシミの事です。ホワイトスポットの原因は、歯の表面のエナメル質からカルシウムが抜けてしまう脱灰が原因とされています。脱灰の原因は様々で、遺伝や日々の生活によるもの、昔の外傷など色々と考えられます。

ホワイトスポットの治療

ホワイトスポットが生じている箇所を少し削り、コンポジットレジンという歯科用のプラスチック樹脂を詰めることで改善することが可能です。綺麗にコンポジットレジンを詰めていきますので境目が分からない位自然な仕上がりとなります。また、治療は即日で完了することが可能です。

デメリットとしては、コンポジットレジンは経年によって劣化してしまうため、治療部分だけ変色してしまう可能性があります。その為、定期的にコンポジットレジンを詰め替える必要があります。

被せ物や詰め物で自然で白い歯に

診療室内

審美歯科の治療として詰め物や被せ物の治療も審美歯科の一つと言えます。例えば金属の被せ物や詰め物はお口を開けた際にどうしても目立ってしまい審美性に欠けてしまうことがあります。こういった金属の被せ物や詰め物を白い素材のものに変えることで審美性が良くなります。また、ただ見た目を良くするだけでなく、二次虫歯の予防にもなりますので見た目だけではなく機能性も重視した治療です。

銀歯は身体によくない?


日本の保険制度ではいわゆる「銀歯」を使用されることが多いですが、実は歯科治療において銀歯を使用する国は日本以外ほとんどありません。それは銀歯に含まれる素材が身体に有害であるとされたからです。

《銀歯とは?》


銀歯というと素材に銀しか使われていないように感じますが、銀歯の正式名称は「歯科用金銀パラジウム合金」と言い、金12%、パラジウム20%(JIS規格)、あとは銀50%前後、銅20%前後、その他からなる合金で構成されています。

上記の中に含まれる「パラジウム」はドイツでは使用禁止勧告が出されており、スウェーデンでは子供や妊婦への使用が完全に禁止されています。

このように銀歯には様々な金属が使用されており下記のようなリスクがあります。

☑金属アレルギー
☑ガルバニ―電流
☑メタルタトゥー
☑頭痛や吐き気
☑二次虫歯

このように様々なリスクがあるものの今でも日本では多く使用されているのは保険適用が出来ることで一時的に治療費用を抑えることが出来るからです。一方、セラミックやジルコニアといった一切金属を使用しない素材は保険適用外となるので治療費が比較的高額となることから銀歯を選択してしまうことがありますが、長期的な歯の健康寿命を考えるとセラミック素材の方が断然優れていると言えるでしょう。

銀歯は経年によって唾液で溶け出しイオン化します。これが歯ぐきにしみこんで黒ずんでしまいます。これをメタルタトゥーと呼びます。また、金属が溶けてしまうことで歯と歯ぐきの間にマージン(すき間)が出来てしまうことで、すき間から虫歯菌が入り込み二次虫歯となってしまうリスクも高まります。

こういった理由から当院では審美性は勿論のこと、患者様の健康面や機能性も考えてセラミック素材を推奨しております。

セラミック素材の良さ

審美歯科


■自然なきれいな歯の白さに出来る
セラミック素材は白さを細かく調整することが可能です。ただ単純に歯を白くすると隣接する歯と色が異なってしまい浮いてしまいます。隣接する歯と近い色に調整することで自然で美しい歯にすることが出来て審美性が高まります。


■二次虫歯の可能性が低くなる
銀歯は前述したように経年によって唾液で金属が溶けてしまうことで歯と歯ぐきの間にすき間が出来ることで二次虫歯にかかってしまうリスクが高まりますが、セラミックは経年によって溶けてしまうことがありませんので、接着がしっかりとされている場合、二次虫歯にかかるリスクが大幅に軽減されます。


■金属アレルギーや身体への悪影響がない
セラミック素材は金属を一切使用しない素材の為、身体に悪影響を及ぼすことがありません。その為、金属アレルギーのある方にも安心して使用していただけます。

セラミックできれいな歯並びにすることが可能


セラミックは虫歯後の修復補綴物として使用されることが多いのですが、歯並びを良くすることも可能です。

例えば、すきっ歯でお悩みの場合は、ラミネートべニア法とセラミッククラウン法があります。

《ラミネートべニア法》


ラミネートべニアとは歯の表面を約0.5㎜ほど削りその上にセラミックを付け爪のように歯科用専用接着剤で貼り付けることで歯のすき間を綺麗に埋めることが出来る治療です。

メリット
・歯を削る量が比較的少なく済む
・隣接する歯と合う色合いにすることが出来る
・経年によって変色せず汚れもつきにくい
・比較的すき間の大きい場合にも適用できる

《セラミッククラウン法》


セラミッククラウン法はすき間が空いている歯を削り、その歯にすっぽりとセラミッククラウンを被せることで歯のすき間を埋める治療法です。

メリット
・見た目が非常にきれいに仕上がる
・セラミックの為、変色しにくく汚れもつきにくい
・頑丈な素材の為、外れにくく耐久性も高い
・形を自由に調整することが出来る

歯並びは矯正をしないと綺麗にならないと思われている方も多くいらっしゃるかと思いますが、軽微な歯並びの改善はセラミック治療によって短期間で改善することも可能です。

重度の歯並び矯正はセラミックでは対応が難しい為、矯正歯科のページをご覧ください。

ハルデンタルクリニックの考える審美歯科とは

歯科医師の春山院長

当院では、審美歯科は機能性や噛み合わせを無視してただ見た目を綺麗にするだけでは本質的な治療とは言えないと考えております。患者様の噛み合わせや長期にわたる歯の健康寿命、そして機能性が伴って「本当の審美歯科」と考えております。見た目は誰しもが気になる事です。

その為、見た目を改善したいとご要望をされた場合は勿論、その改善をご提案しますがその先の歯の健康も鑑みたご提案を必ずさせていただきます。

当然のことですが、ご相談に来られた患者様に無理に治療をすすめる事もありませんし、無駄に高額な治療のご提案も致しませんので、歯の見た目にお悩みがある方はお気軽に当院へご相談ください。